アクセスアップで必要なこと 【サイドビジネス】アフィリエイト初心者がしっかり稼ぎぐために

アクセスアップで必要なこと

 ご訪問いただきありがとうございます。

 このブログは実は私の裏ブログで、これからアフィリエイトをしてみたいと考えておられるかたや、アフィリエイトを始めたんだけど、全然稼げないよ〜というようなかたと一緒に儲かる方法を考えて行こうというブログです。
 
 分からないことは、ご質問いただければ回答させていただきますが、私もまだアフィリエイトを初めて半年ほどの新参者ですので、まだまだ自信を持って、アドバイスできない部分もございますので、その点ご容赦ください。
 
 冷やかしのかたはご遠慮ください。
 真剣にアフィリエイトで稼いでいきたいと思われるかたは、どなたであろうと協力させていただきます。

 アフィリエイトは孤独な作業と思っておられるかたもいらしゃるかたも多いでしょうが、それは大きな間違いです。
 
 あなたは、パソコンのモニターに孤独に向かわれているだけかも知れませんが、そのパソコンの向こうに沢山のお客様がおられるということをまず認識してください。

 そして、あなたがどんな人に情報を発信したいのかというまず「ターゲット」を明確にしてください。
 
 たとえば、ダイエット商材なら、中心は中年以降のかた、ペットの調教ならペットをこころから愛されるかた、FXの投資商材なら、小金を何とか増やして行きたいというプチ資産家ってことになるでしょうか。
 どなたに訴えたいかをしっかり意識することで、どのような切り口で文章を書けばいいか分かります。

 「私は文章が下手なんですが、アフィエイターに向いてないでしょうか?」と思われるかたもおられるでしょうが、問題ないです。
 意味の通った日本語さえかければ、大丈夫です。
 大切なのは、あなたの誠意です。ウソは書いてはいけません。
 
 あと、その商材の売りを何度もストレートに表現するのはマイナスです。

 たとば、FX商材で「儲かる」「儲かる」の連呼では、読むほうはうんざりです。それより、具体的な数字を提示したり、その商材を実際使われたお客様の声があるなら、それを提示したりして、説得性を持たせることが大切なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 さて、前置きが多くなってしまいましたが、いよいよタイトルに掲げたアクセスアップについて書いてみたいと思います。

 ブログでアフィリエイトをする場合にはそのブログを見てくれる人が少ないと話にならないので、アフィリエイトを始めたかたは何とかアクセスアップをしようと努力されていることでしょう。

 トラフィックエクスチェンジを使ったり、リード・メールを使ったり、サーチエンジンに登録したり・・・。
 どうですか?アクセス数は増えましたか?

 みせかけのアクセス数は増えたけど、実際、あなたの紹介している、商品・商材に関心を示してくれた人はそれほど増えてないなあ、と感じられるかたが少なくないのではないでしょうか?

 その原因はどこにあると思いますか??

 多くの場合、あなたのブログのコンテンツの問題ではないかと思われます。

 あなたはそのブログにいくつの記事を書いておられますか?

 1000?100? え、まさか10以下ですか?

 あなたがお客様の立場の場合、メニューが1つしかない食堂より、20も30もあるような食堂に入りたいと思いませんか?

 結局は内容勝負なのです。

 トラフィックエクスチェンジやリードメールでの誘導はいわば、サクラによる誘導です。

 サクラの人でも、そのお店がいいお店であれば、また自腹を払ってでも食べに来ようかと思うでしょうが、料理はまずい、レシピの種類も少ないのであれば、二度と来ようとは思わないでしょう。

 ですから、あなたが目指すべきブログは一度来た人がまた期待と思うようなブログであるべきなのです。

 お店でもたいした宣伝はしれないけど、沢山お客様が入る人気店があります。そういう、いいお店は口コミで広がり入るようになるのです。

 このようにアクセスアップの基本は、ブログの記事の充実というのが本来的なものです。

 ただ、オープンしたばかりのお店は知名度が少ないので、宣伝もしましょう。SEO対策もしましょう・・・ってことになるのです。

 決して、アクセスさえ増えればいいものではないということは分かっていただけたでしょうか。

 アクセスのことに関して、次回はアクセスに関する迷信について書きますので、よろしければまたお読みください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。